本文へスキップ

○○町の○○○科クリニック。辻ペインクリニックです。

ペインクリニックとはpolicy&FAQ

治療方針

方針イメージ

ペインクリニックの特徴的な治療法として、
「 神経ブロック 」 という方法が用いられます。

痛みが出ると、痛み(ペイン)が脊髄(せきずい)に伝わり、神経が興奮すると痛みを増幅させる物資が体内で生成されます。これが更に神経を興奮させるので、痛みが強くなります。

この痛みの悪循環を断ち切るのが、神経ブロックです。
ただの、一時的な痛み止めではありません。


ペインクリニックで治療するのは、慢性疼痛(まんせいとうつう)の患者さんが多いです。
腰痛・椎間板ヘルニア・肩の痛み・膝痛・頭痛・三叉神経痛・帯状疱疹(ヘルペス)などがあります。
痛みとは少し異なりますが、アレルギー性鼻炎・四肢の血行障害・顔面神経麻痺なども対象になります。
 また、慢性疼痛だけでなく、 
 急性期の痛み・・・・・・・・ぎっくり腰や事故後の首や腰の痛みの治療はペインクリニックの効果を目の当たりにするものです。.

 治療は、保険の適用があります。  しばらく休んでいただくだけで、日帰り治療が可能です。

治療の流れについて

  1. 初診

    検診を行います。
  2. 問診

    現在の症状、治療に対してのご希望などをお伺いします。
  3. カウンセリング

    ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。
  4. 治療計画の立案

    ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。
  5. 治療

    ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

痛み


全身
・帯状疱疹(たいじょうほうしん)(ヘルペス)/帯状疱疹後神経痛
・手術後の痛み
・怪我が治った後も続く痛み

頭部・顔面
・片頭痛
・緊張型頭痛
・群発(ぐんぱつ)頭痛

頚・肩
・肩こり
・交通事故などによるむちうち症
・様々な痛みを伴う、頚椎症
・肩の痛み/五十肩・頚肩腕症
・頚椎症性神経根症 
   (けいついしょうせいしんけいこんえん)
・首の椎間板(ついかんばん)ヘルニア


・手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)
・腱鞘炎(けんんしょうえん)
・ばね指

胸背部
・肋間(ろっかん)神経痛
・三叉(さんさ)神経痛

腰部
・ぎっくり腰
・椎間板(ついかんばん)ヘルニア
・変形性腰椎症
・腰痛症

下肢
・坐骨(ざこつ)神経痛
・腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきついかんきょうさくしょう)
・手術後腰下肢痛
・腰椎圧迫骨折(ようついあっぱくこっせつ)
・変形性膝関節症
・下肢血行障害
・閉塞(へいそく)性動脈症
・糖尿病性神経障害


麻痺


・けいれん ・顔面神経麻痺
・顎関節症(がくかんせつしょう)

血行障害


・突発性難聴(とっぱつせいなんちょう)
・閉塞(へいそく)性動脈硬化症(どうみゃくこうかしょう)


その他


・花粉症
・がんの痛み